お知らせ


2024/06/30

6月30日は夏越しの大祓


2024年も半年が過ぎました。半年の節目には「大祓(おおはらえ)」として、罪やけがれを祓い清める神事が毎年6月と12月の末日に行われます。
6月は「夏越し(なごし)の大祓」と呼ばれ、出雲大社でも「大祓式」という神事が行われます。
写真は、出雲大社で行われた「茅輪(ちのわ)神事」を模した、「輪くぐり神事」の様子です。
今週末は天候が不安定だったにも関わらず、たくさんの方が出雲大社にお越しになりました。

12月の大祓は「大晦日」として、年越しそばを食べることで有名ですね。
日本では季節の変わり目に健康を願い、そばを食べる風習があります。

年越しそばと同じように、この時期は「夏越しの大祓そば」を食べてみませんか?



TOPに戻る

期間限定!…

お知らせ一覧

topへ